運動で改善|失禁ショーツトラブル回避|失禁に対する問題の解決方法

失禁ショーツトラブル回避|失禁に対する問題の解決方法

ウーマン

運動で改善

中年女性

女性の失禁の主な原因は膣の緩みです。これは下半身の筋肉が弱まっていたり、出産によって筋肉が緩んでしまっていることが原因となる場合が多いです。そうなった場合、改善策として下半身の運動を行うことによって失禁の改善を行うことができます。改善を行うことで失禁ショーツの使用頻度も大幅に減りますし、何より自身の健康も改善することができます。よって、失禁が増えたのであれば膣トレーニングや下半身の運動を行い、失禁の対策を行いましょう。なお、膣圧がゆるいかどうかは実際に自分で確かめることができます。膣内に日本指を挿入し、膣に力を入れて締め付けているという感覚を指に感じればどの程度の膣圧があるかを知ることができます。
膣圧がゆるいと感じた場合、膣トレーニングで鍛えましょう。膣トレーニングでは骨盤底筋を鍛えることになります。方法はいたって簡単であり、足を肩幅ほどの広さに開き、息を吸いつつ膣に力を入れて引き締めます。限界まで引き締めた状態を5秒キープして力を抜きます。これを数回繰り返します。そうすることによって膣圧は鍛えられます。
膣圧を鍛えれば失禁ショーツの必要がなくなる以外にも様々な健康効果を得ることができます。また、膣トレーニング以外にも下半身を鍛えることで下半身周りの筋肉を強化して失禁を防ぐこともできます。これも最初のうちは失禁ショーツを履いておけば失禁は防げるので、失禁ショーツを履きつつ健康と失禁対策のために色々と運動を行いましょう。なお、運動はマイペースでゆっくりと毎日続けるのがベストです。